おまとめ情報館

スポンサードリンク
ひたち海浜公園の情報です!

ひたち海浜公園情報

スポンサードリンク

公式HPはこちら(アクセスや周辺情報も確認できます)
http://hitachikaihin.jp/
スポンサードリンク

週末の行動に迷ったらここ!

1日いても全然飽きない茨城県「ひたち海浜公園」の魅力をご覧下さい^^

「ひたち海浜公園」は茨城県ひたちなか市にありま。

「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」と称されるネモフィラの絶景が一番のおすすめで有名ではありますが、そのほかにもおすすめポイント満載!

・太平洋を一望できる丘
・四季折々の花畑
・青い海、白い砂浜、緑の草原など・・・・

色鮮やかな絶景が堪能できるスポットです。自然の絶景だけでなく、遊園地などでもお馴染みの大観覧車やジェットコースターなどのアトラクション、さらに、フィールドアスレチックまであり超楽しめます!

また、バーベキュー広場なのもあるので、子連れグループのにも重宝しますよね!

「国営ひたち海浜公園」とは

スポンサードリンク
「国営ひたち海浜公園」とは茨城県ひたちなか市にある国営公園です。

広大な敷地はおよそ約200haほど。ディズニーランドが5個分も入ってしまうとっても広い、茨城県を代表する自然と触れ合えるテーマパークです。

公園はエリアによって自然豊かな花畑や広場、遊園地のようなアトラクションなどが目白押し。お子様連れのファミリーからカップルのデート、更には3世代の家族、おじいちゃん・おばあちゃんなどのお年寄りまで様々な年代にフィットした創りが魅力です。

四季折々の花々はによって季節の情景が楽しめ、特に4月から5月に見ごろを迎えるネモフィラの花畑は、

世界でも「一度は見たい」と評判を集めているスポットとして徐々に拡散しています。

「国営ひたち海浜公園」のおすすめ

スポンサードリンク
とっても広い敷地なので移動手段にも工夫が

とっても広い敷地と7つのエリアからなる「国営ひたち海浜公園」ですが、広大な敷地だからこそ、気になるのは移動の効率ではないでしょうか。

国営ひたち海浜公園では、園内を楽しく回るためにアクティブなサイクリングコースと楽ちんなシーサイドトレインが用意されていますサイクリングコースを利用する場合は自転車のレンタルもできます。もちろん持ち込みも対応可能ですが、サイクリングエリアのみの利用ですので注意してください。

もうひとつの移動手段はシーサイドトレインで

園内をぐるりと一周できるのでのんびりと景色を楽しみながら移動したいときにはおすすめです。約35分で園内を1周していますし途中10個の停留所に停まるのでエリア間の移動にも活用できます。

国営ひたち海浜公園の見どころ

公園内でランチもいいですね^^

・「ネモフィラ」!見頃は4月下旬~5月下旬です。

・たまごの森フラワーガーデン

・レイクサイドカフェ

スポンサードリンク

・記念の森レストハウス

・みはらしの丘

・古民家・里の家

・五浦ハム 国営ひたち海浜公園

・たちなか自然の森

・大草原

・林間アスレチック広場

・泉の広場フラワーガーデン

・おもしろチューブ
スポンサードリンク
・ひたち海浜公園中央口売店

・ひたち海浜公園中央口売店

・香りの谷

・グラスハウス

「国営ひたち海浜公園」まとめ


だれにでも愛されている場所なので幅広い年齢層に支持されています。なので、こどもの日や敬老の日、緑化月間の特定日など「国営ひたち海浜公園」には無料で入場できる日が設けてあるのでお得に利用するにはぜひチェックしておきましょうね。ただ無料の日は混雑が予想されますのでご注意を。

公式HPはこちら(アクセスや周辺情報も確認できます)
http://hitachikaihin.jp/
スポンサードリンク


ゆっくり自然を満喫し、のんびりとと寛いでも良し、アトラクションやサイクリングなどアクティブにで盛り上がっても良し、老若男女、幅広く楽しむこともできる「国営ひたち海浜公園」ですが、1点だけ注意点があります。それはみんなで楽しむ、自然を大切にするという意味もあり、持ち込み制限されているものがあります。

花火・ラジコンなどの遊具、またホッピングや突き刺すタイプのパラソルなど芝生を傷める可能性があるものなどは持ち込み禁止と定められていますので、ルールを守って楽しく公園を利用しましょう。

スポンサードリンク