おまとめ情報館

スポンサードリンク
自動車税早見表

自動車税早見表

スポンサードリンク

普通自動車税の税額(4月から翌年3月までの1年間の税額になります。)

スポンサードリンク
※乗用車の税額は総排気量によって決まります。
※エコカー減税対象車は自動車税が減税されます。

排気量 1.0リッター以下、29,500円
排気量1.0超〜1.5リッター以下、34,500円
排気量1.5超〜2.0リッター以下、39,500円
排気量2.0超〜2.5リッター以下、45,000円
排気量2.5超〜3.0リッター以下、51,000円
排気量3.0超〜3.5リッター以下 、58,000円
排気量3.5超〜4.0リッター以下、66,500円
排気量4.0超〜4.5リッター以下、76,500円
排気量4.5超〜6.0リッター以下、88,000円
排気量6.0リッター超、111,000円

※上記の金額は乗用車・自家用の標準的な金額になります。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

トラック自動車税の税額(4月から翌年3月までの1年間の税額になります。)

※トラックの税額は最大積載量によって決まります

最大積載量1トン以下、8,000円
最大積載量1トン超〜2トン以下、11,500円
最大積載量2トン超〜3トン以下、16,000円
最大積載量3トン超〜4トン以下、20,500円
最大積載量4トン超〜5トン以下、25,500円
最大積載量5トン超〜6トン以下、30,000円
最大積載量6トン超〜7トン以下、35,000円
最大積載量7トン超〜8トン以下、40,500円
最大積載量8トン超、40,500円プラス下記
(※最大積載量が8トンを超える1トンまでごとに6,300円を加算した額)

スポンサードリンク

軽自動車税の税額


四輪の軽自動車 乗用(5ナンバー)
営業用、5,500円
自家用、7,200円

四輪の軽自動車  貨物(4ナンバー)
業務用、3,000円
自家用、4,000円

ミニカー
3,700円
小型特殊自動車、2,400円
※農耕業作業用(トラクターなど)

特殊作業用車、5,900円(フォークリフト等)

原動機付自転車
(バイク)
50cc以下、2,000円
50cc超〜90cc以下、2,000円
90cc超〜125cc以下、2,000円

二輪の軽自動車
(バイク) 125cc を超 250cc 以下、3,600円

二輪の小型自動車
(バイク)
250cc を超えるもの、6,000円

雪上を走行するもの(スノーモービルなど)、3,600円

三輪の軽自動車、3,100円

※市町村税により異なる場合があります。
スポンサードリンク

自動車税とは


自動車税は車検を受ける受けないにかかわらず納税義務があります。ちなみに車検のときに払うものは「自動車重量税」というものです。

自動車税はたとえ駐車場に置いたまま使用していない場合であっても納税義務が生じます。

ただし、自動車税はざっくり言うと、ナンバープレートの付いた車に対して発生する税金なので、ナンバープレートのない車(ナンバー未登録の新車や登録抹消して車庫などに置いてあるだけの車など)には発生しない税です。

自動車税は毎年1回の課税で、4月1日現在に自動車を所有している人に課されます。
年度途中で自動車を所有することとなった場合は、登録の際に陸運支局で申告し、月割りした額を納めます。
(通常は購入したディーラーが手続きをします)

割賦販売(ローン)で購入した場合などは、車検証上の所有者がディーラーやローン会社になっていることがありますが、この場合は使用者である買主に課税されます。

自動車税の納税時期、納税義務者について


自動車税の納税時期は毎年4月下旬から5月の上旬にかけて

「自動車税納税通知書」が送られてきます。

(市町村によっては6月上旬ころに納税通知書が送付され場所もあります。)

金額・納付期限・納付方法など記入してありますので、それぞれそれにそって納付して下さい。

今では郵便局や銀行、コンビニエンスストアでも納付できるようになっていますので便利になりました。

自動車税支払い方法について


自動税は下記の方法で支払うことができます。
・各金融機関での支払い
・コンビニでの支払い
・クレジットカードで支払い

※クレジットカード納付に対応していない県もあります。
※クレジットカードでの支払いには手数料が必要です。

スポンサードリンク