おまとめ情報館

BMI(bmi)計算方法について


BMIとは脂肪指数という肥満度を表すための国際的な指標のことを指します。自分の身長体重が分かればすぐに計算することができ、

体重(kg)/身長(m)×身長(m)

で数値を出すことができます。
この計算方法は世界共通ですが、肥満度の判定基準は国よって異なります。このBMI数値を知ることでダイエットや健康管理にも役に立ちます。



bmi標準



日本では日本肥満学会が統計上、病気になりにくいBMIの標準値を22と定めています。

標準値付近の18.5~25・・・・普通体重
18.5未満・・・・・・・・・・低体重
25以上・・・・・・・・・・・肥満

と設定しています。

BMI結果別のワンポイントアドバイス


BMIが18.5未満

肥満は健康の弊害をもたらすこともありますが、18.5未満(痩せすぎの場合)も好ましくありません。体重を増やすために食べ過ぎも体に良くありませんので適度な運動を心がけましょう。

BMIが18.5~25未満の方

体重は標準でも体脂肪率の高い「隠れ肥満」の可能性もあります。自己管理のために日頃から運動をする習慣をつけましょう。

BMIが25以上の方

肥満になると色々な生活習慣を引き起可能性が高くなります。まずは食生活の見直しから、習慣的な運動で体を動かすことが必要となります。

※肥満はさらに4段階に分類され

25以上30未満・・・・・1度
30以上35未満・・・・・2度
35~40未満・・・・・・3度
40以上・・・・・・・・4度

と定義しています。肥満度が上がる前に自己管理を徹底しましょう。



子供の肥満度判定計算

乳幼児の肥満度の判定にはカウプ指数

体重[g] ÷(身長(cm)× 身長(cm)) × 10

学童児の肥満度の判定にはローレル指数

(体重(kg)/身長(cm)の3乗)×10の7乗

それぞれBMIの代わりに用いられます。

女性のBMI


モデルや女性芸能人の中には、BMIが16など、極端に体重が軽い人がいますがそれを目標にしてダイエットに励む女性も多く見られます。

ですが、極端に体重が軽い人を目標とする、いわゆる体重を減らすだけ、特に極端にBMIを下げるのは危険だと言われています。

体重や体脂肪を減らしすぎると、健康を損なう可能性が高くなります。


頭痛、摂食障害、倦怠感になる危険性もあり、ひどい場合、生理が止まってしまうことも。

体脂肪が減ると、キレイな体のラインを作れますが、さらに女性らしいラインを作るにはある程度の脂肪も必要になります。

BMIの数値にとらわれず、体脂肪や体重を落としすぎないように注意することで、健康と女性らしいキレイなラインを両立することをを目標とした適度なダイエットを心がけましょう。

BMIまとめ


一般的にBMI22が1番病気になりにくい体重と考えられており、標準値より値が高すぎても低すぎても死亡率が高まるといわれています。手軽に自分の健康状態を把握することができ、疫学的なデータもそろって信用度が高いことから、BMIは健康維持の指数として幅広く使用されています。

しかし、体重と身長のみで判断するため筋肉が多い人と脂肪が多い人のが同じ判定になってしまう場合もあるので、数値にあまりこだわりすぎずに体脂肪率も計測することが重要となります。

細身で数値に問題がない場合も内臓脂肪が多くついている可能性があるため、複数の方法で肥満を考えるようすると、個人にあった理想のダイエットの方法が探せるかもしれません。